住宅を購入する場合、様々な税金を納める必要がありますが、どの様な税金があるのでしょうか。

戸建ての住まいを選んで良かったこと
Pagelist
戸建ての住まいを選んで良かったこと

住宅購入関連の税金

マンションや戸建ての住宅を新築、中古に関わらず、様々な税金の納税が必要となります。
時に建て替えをする場合は、特例適用の有無によって収める税金の額が大きく異なってくるので、事前にしっかりと把握しておく事が大事となります。
税金は、自己破産しても免責される事はなく、また、延滞した場合、高利貸しより硬い延滞金を請求されるので、しっかり、準備をして納税する事が大事となります。
住宅を購入した時に必要となる税金としては、登録免許税、不動産取得税、印紙税、消費税、贈与税等があります。
登録免許税と国税で、土地の所有権移転登記、家屋の所有権保存登記を行なう時や住宅ローンの抵当権設定登記を申請した時に発生する税金です。
不動産取得税は都道府県税ですが、住宅用家屋や敷地には軽減措置があるので、実際は発生しない事もあるので、各都道府県に確認する必要があります。
印紙税とは、売買契約書、建築工事請負契約書、金銭消費貸借契約書に必要な印紙の事を指しています。
消費税は、戸建て住宅の売買の時に発生する税金ですが、他にも、仲介手数料や司法書士、土地家屋調査士に支払う手数料にも消費税が発生するので注意が必要です。
購入資金を贈与として受け取った場合に発生する国税です。
ただ、軽減措置や非課税措置などがあるので贈与税に該当するのか、事前に調べておくと良いです。
他にも、購入した後に、定期的に納税が必要となる税金として固定資産税があります。
固定資産税は、毎年1月1日現在の土地、建物、償却資産を所有している方に、この固定資産から査定された税金を自治体に収めるものです。
納付方法は、4分割にして納税する事ができます。
納税が発生するのは、住宅を購入した翌年からで、年間にすれば、結構大きな金額となるので、購入する前に、固定資産税がどの位になるか、調べて置く事も大事となります。
固定資産税の計算方法は、自治体によって異なり、また、不動産としての価値により異なっていますが、一般的には標準税率の1.4%となっているようです。
仮に建物の評価額が1000万の場合、14万円となり、10年で140万となります。
この様に、固定資産税は高い税金となるのですが、軽減措置もあるので、実際はもう少し、少ない課税額となっているようです。

Copyright (C)2017戸建ての住まいを選んで良かったこと.All rights reserved.