住宅を購入するには、様々な経費が必要となり、事前にどの様な経費が必要となるか把握しておく事が必要です。

戸建ての住まいを選んで良かったこと
Pagelist
戸建ての住まいを選んで良かったこと

購入時の諸経費

新築や中古の戸建て住宅を購入する時は、土地と建物の代金や税金の他にも様々な諸費用が必要となります。
事前に必要となる費用を把握しておかないと、戸建て住宅等を購入する時に、費用が不足して慌てる事があるので、事前に必要となる費用をしっかり把握して資金を準備する事が大事となります。
一般的な諸費用の目安としては、戸建て住宅の価格の4〜5%程度の費用が必要になると言われています。
ただ、この4〜5%の費用には、消費税が含まれていないので、消費税に関しては別途、用意する必要があります。
また、不動産業者を仲介して住宅を購入する場合、仲介手数料が必要となる事があります。
仲介手数料は、業者によって異なりますが、一般的には売買価格の3%位が相場となっているようです。
この様に、様々な費用が必要となり、物件の価格が高くなるほど必要となる費用も多くなるので、しっかり準備する事が大事となります。
新築の住宅や中古の住宅であっても、高額な為に、1%の差があっても大きな金額となるので、できる限り詳細な金額を把握する事が大事となります。
詳細な費用を把握する方法としては、自分で調べる事もできますが、契約する前に、販売している不動産業者や住宅メーカーから見積もりを出して貰うとよいです。
業者に見積もりをして貰う事により漏れがなくなり、さらに正確な費用額となります。
そして、見積もりがあれば、調達しなければならに資金が明確となるので、資金が不足して慌てる事がなくなります。
戸建てやマンション等の住宅を購入する時の費用としては、手数料、ローンを組む時の費用、火災保険等の費用に分類する事ができます。
手数料には、仲介手数料の他にも登記等を司法書士に代行して貰う場合は、司法書士報酬や土地家屋調査士報酬等が必要となります。
住宅ローンの契約で必要となる費用としては、事務手数料、団体信用生命保険料、物件検査手数料等が必要となります。
他にも、必要となる費用はありますが、詳しい事は、インターネットで戸建て関連をサイトを見れば苦らしく説明されているのです、一度、これらのサイトを訪ねて調べてみるとよいです。
関連リンク

Copyright (C)2017戸建ての住まいを選んで良かったこと.All rights reserved.