戸建て住宅の購入をする場合、物件をしっかり見極める事が大事とありますが、物件を選ぶ時のポイントを紹介します。

戸建ての住まいを選んで良かったこと
Pagelist
戸建ての住まいを選んで良かったこと

新築物件選びの基礎知識

住宅を購入するとき、戸建てにするかマンションにするか迷ったり、また、新築にするか中古にするか迷う事がありますが、購入した後で後悔しない為にも、物件を選ぶ時の基礎知識をしっかり身に付けて選ぶ事が大事となります。
ここでは、新築の戸建て住宅選ぶ時の基礎知識を紹介します。
新築の戸建てを建てる方法としては、最初に土地を購入して、その後に注文住宅を建てる方法や、既に、自分が所有している土地に建てる方法や、土地と建物を一緒に販売されている住宅を購入する方法があります。
土地と建物を一緒に購入する方法としても、建売り住宅を購入する方法と建築条件付きで土地を購入して、後で住宅を建てる方法があります。
建売住宅とは、住宅メーカーや不動産業者が設計、計画して建てられた住宅で、規格品の住宅となっている事が多く、比較的安い値段設定となっています。
また、逆に、売買契約が済んだ後に建てる事を売建住宅と言う事もあります。
売建て住宅とは、建築条件付き土地とは、購入者と業者間で一定の期間内に建築工事請負契約を交わす事が前提で土地を購入する方法です。
建売住宅と売建て住宅を比較した場合、建売銃他の場合、施行済みの住宅を購入する事になるので、設計や設備の変更はできませんが、売建て住宅の場合、また、施行がされていないので、設計に対して柔軟性があると言えます。
ただ、売建て住宅の場合、指定された期間内に建築工事請負契約を結ぶ事ができない場合は、土地購入の件が白紙解除となったり、または、契約自体が最初からなかった物として扱われる事があります。
建築条件付き土地の一定期間とは、一般的に、土地の契約後、3か月程度の間に、建築工事請負契約を締結させるものとなっています。
この様に、戸建て住宅を取得するには、様々な方法がありので、自分にあった方法で選ぶ事が大事となります。
自分にあった方法とは、住宅購入の為の資金を幾らあってどの様に返済していくかをしっかり決めて選ぶ事です。
この資金調達と返済方法がしっかり検討されていないと、せっかく購入した戸建て住宅を手放さなければならないと言った状況になるかも知れないので慎重に選ぶ事が大事となります。
関連リンク

Copyright (C)2017戸建ての住まいを選んで良かったこと.All rights reserved.