住宅を購入する経験が少ないので、多くの方は戸惑う事があるようで、住宅購入の流れを説明してあげます。

戸建ての住まいを選んで良かったこと
Pagelist
戸建ての住まいを選んで良かったこと

購入までの流れ

住宅の購入は、一生の中で一度と言った方が多く、経験もない事から、何をどの様にして購入したら良いかわからず戸惑う方も多いようです。
ここで、戸建て等の物件を決めてから売買契約を交わすまでの流れと、ポイントを説明したいと思います。
最初に、気に入った物件が見つかったら、住宅を販売している住宅メーカーや不動産業者に購入の申し込みをします。
具体的には、購入申込書や買付証明書に署名をして捺印をします。
これらの書類は、購入する意思がある事を示すもので、購入希望者が複数の場合は、優先順位等を決めるのに使用されますが、正式な契約ではないので、後で撤回したとしても何の問題もありません。
また、申込を行う時に、申込証拠金として10万位の支払いが必要となったり収入証明書や身分証明書の提出が必要となる事もあり、さらに、申込をする事で、多くの方が動きだすので、撤回はできるとしても、安易な気持ちで申し込みをしてはなりません。
申込証拠金を支払う場合は、事前に、撤回した時に、申込証拠金が返済できるか確認すると良いです。
申し込みの次は、資金計画や諸費用の確認をします。
戸建て等の住宅を購入しようと考えた場合、事前に、購入資金をどの様にするか検討していると思われますが、購入しようとしている物件が、当初考えた値段より安い場合は問題ありませんが、高い場合は資金の調達を変更する事になります。
なので、再度、資金調達方法を見直す事が必要となります。
特に、住宅ローンで購入する場合は、返済期間が長くなる事があるので、将来の生活設計をも含めて見直す必要があります。
また、不動産業者が扱っている物件の場合、仲介手数料が必要となったりするので、購入までの諸費用も、何がどの位必要になるか確認をして見直す事が大事となります。
見直しが終わって、購入できるめどが立ったら、実際に資金を調達する事になります。
資金調達を住宅ローンで行う場合は、ローンする金融機関を決めて申し込みをします。
そして、金融機関の査定を受けて通ればローン契約を結んで資金を調達する事ができます。

Copyright (C)2017戸建ての住まいを選んで良かったこと.All rights reserved.